サクラ小話

0

    JUGEMテーマ:植物

     
    こんにちは!植物担当(園芸部)の山寺です。 

     

    山間部にも春が来たようですね。

    皆さんは「春」の気配をどうやって感じていますか?
    草花だったり雪解けだったり、季節の野菜や魚なんて方もいらっしゃるかな。
    ちなみに、私の場合は「ありんこ(蟻)」なんです。
    歩道の端、寒い時期はまったく見なかったアリですが今は活発に動き回っていますね。
    地中でジッとしていたアリたちも花咲く季節になるとポカポカ陽気に誘われて地上に出てきます。
    皆さんも「下を向いて歩こう」してみてください。
     
    さて、今回は遅ればせながら桜の話をチラッといたしましょう。
    つい最近も紀伊半島で野生新種が見つかり、クマノザクラと命名されることが報じられました。
    桜は原種も数ある上、それぞれの交雑種もあって園芸種は数百を下りません。
    桜の代表格ソメイヨシノは「オオシマザクラ」と「エドヒガン」の交雑種と言われていますね。
     
    ソメイヨシノ(染井吉野)
     
    オオシマザクラ(大島桜)
     
    オオシマザクラの実
     
    オオシマザクラはソメイヨシノと違い、ほのかな香りのする白い花と葉が同時に出ます。
    桜餅に使われる葉は、このオオシマザクラの葉っぱを塩漬けしたものです。
    その独特な芳香は葉に含まれるクマリンという成分が発しています。
    花が終わり暫くするとサクランボに似た小さな実が成ります。
    熟して赤黒くなったものを食してみたところエグミが強く不味かったのですが
    果実酒にしたらどうにかいただけました。
     
    エドヒガン(江戸彼岸)
     
    エドヒガンはその名のとおり春彼岸のころに可憐な花をたくさん咲かせます。
    少し解りづらいのですが、萼の部分がヒョウタンのように球状に膨らんでいるのが特徴です。
     
    カワヅザクラ(河津桜)
     
    カワヅザクラは伊豆半島では多く見かける早咲きの桜で、2月初旬に咲き始め中下旬には満開です。
    ソメイヨシノの咲く頃には、すっかり葉桜になってしまいます。
     
    やっかいなもの
     
    桜の花も終わり暫くすると花柄が落ち始めます。
    ウチではワンコ(長毛種のミニチュアダックス)の散歩は私の担当なのですが
    微妙にネバつくこの花柄がワンコの長い毛にメッチャ絡まります。
    ネバついているので取るのも大変!散歩にはツライ季節なのです。
     
    ・・・では、次回もよろしくお願いします。

    関連する記事
    コメント
    桜餅の葉っぱって良いにおいですよね。オオシマザクラの葉っぱとは知りませんでした。またその成分の名前が可愛いですね。熊リン。山ピーに匹敵する可愛さです!
    • ジュピター吉田
    • 2018/04/12 5:25 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:143 最後に更新した日:2018/11/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM