川を耕すと言う事・・・

0
     こんにちは!高橋章です。
    昨日は、第4回会員懇親活動でした。


    今回使った道具は・・・

    スコップとか鍬とか・・・
    そうです。
    今回の活動内容は、
    「会員懇親活動は産卵床と瀬替えの勉強会」
    だったんです。でも、勉強会って言うと難しそうに聞こえますが、
    内容は、いたって簡単!でも、凄く川にとっても生き物にとっても、大切な事でした。

    簡単に説明しますと・・・
    本来の川は、年に数回の洪水がおきて、川底に溜まった土やノロやゴミを洗い流していた。
    しかし、川を取り巻く環境や行政は、利水や治水に偏り、ダムや護岸などを作って洪水が無い様にした。
    その結果、川底は平らになり、洗われなくなり、生き物にとって住み良い環境では無くなった・・・。

    そこで、人為的に川底を耕して、溜まった土やノロなんかを流してやり、川底を柔らかくし、
    変化をつけてあげる。



    そうする事によって、魚が産卵し易くなったり、水生昆虫が石の間に棲み易くなったり・・・。

    作業をして直ぐは、魚も水生昆虫も逃げてしまったり流されてしまうけど、その後はちゃんと戻ってきて、しかも増えるそうです!(データも有るそうです)

    里山は、人が手入れをしないと荒れてしまうと聞いた事がありますが、里川も同じ事が言えると言う事です。
    確かに、今回実際に耕して見ましたが、まー川底が固い事固い事・・・。それに、苔やらノロやらが溜まっててけっして綺麗ではありませんでした・・・。
    でも、作業を終えて川から上がると・・・

    すでにオイカワやカワムツのライズリングが!
    1時間ちょっとの作業でしたが、大変勉強になりました!
    この勉強会は、今後も続ける事が決まりましたので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

    ちなみに・・・

    川に石を積んで、単調な流れに変化をつけて、その周りの川底の砂利を柔らかくして、魚に産卵を促し集まった魚を獲ると言う漁法「石蔵?」
    昔からある漁法だそうです。
    結局昔から人はこういう事をやっていたんですね・・・。

    注:この様な活動は、関係機関(漁協・県土木事務所等)への申請が必要です



    ソルトだけれどもバーブ付き

    0

      皆様、こんにちは。
      NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。


      一回飛びましたが、餌釣りの際にはバーブ付きを使う事が多いのかについて
      自分の考えをご紹介させていただきます。


      前回までに、バーブレスフックを使う理由として

      ・ウェアやネットに絡まると外すのが大変面倒である。
      ・万が一手などに刺さった場合、大けがにつながる可能性がある
       
       (まして、他人を釣ってしまったら釣り所では無くなるでしょう)

      といった理由でバーブレスフックを利用している事が多いと言う事を
      書かせていただきました。


      しかし、船での餌釣りの際は

      ・取込みの際にあまりネットを使わない(大物が釣れた時は使います。)
      ・ナブラを攻めない
      ・キャスティングをしない
      ・フックのサイズが比較的小さい

      と言った理由で、普段行っているルアーフィッシングに比べて
      比較的危険度が少ないという事もあり、メリットを優先してバーブ付きを
      利用する事が多くなっています。





      そのメリットとは。ズバリ”餌持ちが良い事です。



      船での餌釣りと言っても多くの釣り方が有り、たまたま自分がよく遊ぶ
      コマセ釣りについてのみ言える事かもしれませんが、やはりバーブが
      付いている方が、餌がとれにくい気がします。


      本来であればここで、餌を付けた際の写真でもUPしたいところですが
      残念ながら有りません。

      そんな訳で、餌釣りつながりで今年の冬に釣ったヒラメの写真でも
      眺めて頂ければと・・・

      ヒラメ

      この日はまず、アジを釣ってアジを餌にしてヒラメを釣りました。
      この時はバーブレスにして使っていたので、今回の「バーブ付き」に
      そぐわないかもしれませんが、針先にネムリが入っていたので
      バーブレスだからと言って、エサのアジに逃げられたと言った事件は
      発生しなかった様な気が・・・
      (記憶がかなりあやふやになっています。)



      バーブレスフックの利用について



      結局、どうなんだ!!



      と言う声が聞こえてくるような気もしますが、要するに




      魚釣りをもっと楽しくする為の
      工夫の一つがバーブレスフック




      と思っていただけたら幸いです。




      次回は、是非直近の釣行の模様でもUPしたいと考えておりますが
      最近仕事に追われ、休日は倒れこんでいるのでネタが有りません・・・。





      今後お魚釣りの模様なども交えながら、お魚釣り全般について
      書いていきたいと思っています。


      それでは次回もよろしくお願いいたします。


      小菅C&R

      0
        皆様、こんにちは。
        NPO法人バーブレスフック普及協会(BLA)の田中裕康と申します。

        会員便りはフライフィッシング中心に・・・と、言いたいところですが、
        BLAにはプロタイヤー高橋章がいますので、私は小菅C&Rネタを
        メインにまとめて行きたいと思います。

        ただし、

        ベテランには参考にならない!

        また、

        初心者へのアドバイスにもならない!

        私自身が初心者なので教わることしかできない訳です。

        なので、小菅ネタはタイムリーではなく、いい釣りが出来た時に
        とんちんかんな内容でお届けしたいと思っています。
        会員の皆様よろしくお願いいたします。

        P.S. 毎週小菅C&Rに行ってますので是非お声がけください。

            
                            

        霞川魚道実効調査をやりました。。。

        0
           昨日の6月1日は、霞川魚道実効調査でした。
          詳しくは、BLA事務局便りで報告があると思います・・・。
          いえ、あるはずです・・・。
          いえいえ、あるでしょう・・・。
          いえいえいえ、させます<m(__)m>

          なので、こっちの会員便りではダイジェストでご覧ください!!
















          釣りとガサガサで色々獲れました。
          詳しくは、ホントにマジで、事務局便りでご報告致します。
          こう御期待!!

          事務局さん、お願いします<m(__)m>



          サバ釣ってきました

          0
            皆様、こんにちは。
            NPO法人バーブレスフック普及協会(以下BLA)の西山と申します。


            順番では、「ソルトなのにバーブ付き」と言うテーマで書くつもりでしたが
            先日、BLA代表である、Y氏(一様イニシャルで)サバ釣りに行ってきましたので
            今回はその時の模様など・・・



            当日は、天候にも恵まれ、後半若干風が出てまいりましたが
            ほぼ凪の状況で大いに楽しめました。しかも釣果がすごい。
            (最近も釣れている様ですよ)

            釣果

            ↑とにかく大変な量です。帰ってから捌くのが一苦労でした。
             
             南蛮漬け・竜田揚げ・〆サバなど定番料理を含めネットで調べまくり
             すべて調理しました(この半分くらいが適量ですね)


            ところでこの釣りの良いところは

            体力的にあまりハードでは無い
             
            (自分の場合、青物のジギングは翌日の筋肉痛とセットです。)

            ・結構釣れる
            (他の釣りでは、坊主になる事もたまにあります。)

            ・船に乗っている時間が短い
            (過去最長は確か、5時出船18時帰港だった様な記憶が有ります。)

            乗船時間も短く、ポイントも港に近いところでやるので
            船酔いが心配な方や、初心者の方でも体験するのにハードルが
            かなり低い釣りものでは無いかと思います。

            実際女性や、子供の姿もよく見ます。先日の釣行時には、大学生の
            サークルと思われる団体が船を仕立てていました。
            (スカートの女性がいたのにはびっくりしましたが・・・)


            さて釣りの話ですが、BLA代表であるY氏はフライフィッシングの
            プロと言う事もあり、今回フライフックでの釣行にチャレンジをしていました。

            2510WBと言う品番のフックでメーカーHPには
            =================
            鋭く貫くWB(ウェーブバーブレス)を備えた
            キールタイプのストリーマーフック。
            =================
            との表記が有ります。

            ストリーマーフックで鯖を釣るなんて・・・と思われる方も
            いらっしゃるかもしれませんが

            この通り


            ↑見事に釣上げています。



            ↑完璧なフッキング!


            ちなみに、釣果が良い事もありそれなりに、おまつりもありましたが
            船上でおまつりをほどいている間も、魚がばれなかった事が何度もありました。
            バーブレスだからばれると言う単純な話ではなく、何処にフッキングしているかを始め
            様々な要素が絡み有ってくるんだと改めて実感をした体験でした。


            BLAの皆様を始め、釣りに興味のある皆様。
            この夏一度体験してみたら如何でしょうか?

            最後に


            ↑ちゃんと釣りましたよと言う証拠写真ですwww.



            それでは次回もよろしくお願いいたします。




            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:140 最後に更新した日:2018/10/07

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM